SOVELY整形情報♥

面長さよなら〜エバーエムの童顔両顎手術。

面長なバランスをしていると、顔が老けて見えます。赤ちゃんの顔を見ると、とても短いバランスをしております。童顔の人は、短かなバランスをしていることが多く、顔の長さが童顔の決め手となります。

鼻の下から顎先までの長い場合、両顎手術で短縮することができます。

上の歯がたくさん見える方、ガミースマイルの方は短縮効果が大きくなります。

また、しゃくれ顎の場合、下顎が発達していることが原因であることがほとんどであり、短縮効果が大きいです。



エバーエムの両顎日本人モニターさんです。下顎前突が悩みの方でした。

顔がとても短くなりました。目と鼻手術は受けてないです。顔の比率が変わるだけで、雰囲気が全然違います。

両顎手術では、上顎挙上+顎全体の回転+顎先短縮を通して、最大限に顔を短くすることができます。ただ、バランスを考慮してデザインすることがとても大事です。額の長さと幅、鼻の長さ、人中の長さ、歯の見え具合を全て考慮して、童顔比率を作ることによって、顔が自然に短く見えます。

顔が短くなったけど、不自然に見えると意味がないですよね。

誰が見ても、可愛い、綺麗と思われる童顔比率を見つけるのがとても大事です。

エバーエムでは、経験豊富な口腔外科医が正確な童顔比率を診断します。

両顎手術を受けて、顔がどこかおかしく見える、不自然に見えるという話を聞きます。顔のバーツを考慮せず、顔骨だけを基準にデザインをすると、完成した顔がとても不自然になります。しっかり、完成した時の顔全体のイメージを考慮してくれる、院長さんに手術を依頼するべきです。

エバーエムの童顔両顎手術