SOVELY整形情報♥

安全にVラインになるには

エラ張りでお悩みの方でVラインになりたいと思う方がたくさんいらっしゃると思います。芸能人たちのシャープなフェイスラインをみると羨ましいですよね。韓国でも一時期小顔&Vラインブームが起こりすっきりVラインになれると宣伝していたコーン茶がすごく売れたり、コルギで有名な先生がテレビで活躍したりとVラインになるための努力で美意識の高い女性たちが盛り上がってました。
最近はハートラインというVラインに加え顔のボリュームも強調するラブリーなフェイスラインが人気でした。

このようにフェイスラインへの関心が高まり骨手術を受ける人も珍しくはなくなってきました。私の働いていた美容外科の院長さんが韓国のシンデレラ番組に毎シーズン出演していたのですが、劇的な変身ぶりが報道されるとフェイスラインのカウンセリングも殺到しました。毎日フェイスラインのカウンセリングと手術で病院が大忙しい状態でした。
ここで気になるのが安全問題だと思います。骨をさわる手術なので色々不安になるのは当然ですよね。私もあまりにも綺麗になる方が多かったのでフェイスラインやりたいなーと思いつつも家族をどう説得するか、長いダウンタイムを耐えられるのかなどの理由で実行できずにいます。

あなたの顔の大きく見える原因は何?

Vラインになるための第一歩はまず自分のフェイスラインを正確に把握することだと思います。顔は大きく見えさせる要因としては骨・皮質・脂肪・筋肉の大きさと形が考えられます。エラボトックス打った時に効果が感じられた方はエラ筋は発達していると思います。骨がシャープになっても脂肪が多いとVラインには見えません。脂肪層も同時に調節する必要があります。一般的に骨が大きい場合は筋肉も大きいことが多いと言われております。そのため輪郭専門医であれば皆んな骨のみではなく筋肉と脂肪もチェックします。また骨の厚みもチェックします。このように自分も顔を大きく見えさせる複合的な原因を専門医ときちんとカウンセリングすべきです。

お客様と輪郭カウンセリングに同行する際はエラボトックスの経験有無と院長さんに筋肉や脂肪のことと後程のたるみの有無について必ず確認しております。すごく人気のあり専門医の場合多忙な余りこっちから聞かないと説明してくれないこともあるので聞くべきです。カウンセリングに時間をかけられ親切=手術が上手いではないのです。

限界をきちんと理解する

骨の大きさと形がそれぞれ異なるのと同じく神経の位置も皆んな異なります。輪郭カウンセリングでは必ずレントゲン&CTを撮影します。(しない病院は適当な病院だと思います。骨専門病院ではありえないことです)これをもとに骨の形も勿論見えますし神経の位置も確認できます。神経の位置によって削られる範囲が決められます。神経線を越えてまで削ることはできません。運動感覚の損傷により麻痺になることがあります。神経線が高い位置にある=エラ骨と距離が離れているほど削られる範囲が広くなります。Vラインになるにも限界があるとのことなので自分の限界をきちんと確認してください。

安全にVラインになるためには

1.自分の顔の大きく見える原因を明確に把握する

2.術後のたるみの有無と解消法も確認する

3.神経の位置を把握し削られる範囲をしっかり聞く

4.レントゲン&CTは必ず撮影する骨専門病院に行く

5.麻酔科専門医がいるのかを確認する

6.病院で事故はなかったのかも情報を把握する

7.院長さんが話しが上手く丁寧で自分の悩みをよく理解してくれるとのことで病院を選択しない